お金返ってこないの? 確定拠出年金

NO IMAGE

ねと副やろう管理人のねとふくです。

今回は、前職で途中から『企業型確定拠出年金』に切り替わったお話です。

私の場合、この確定拠出年金にいい思い出は全くないですが、

退職を機に解約できるのか問い合わせしてみたり

再度調べなおしたので、その記録を書きたいと思います。

確定拠出年金って何なんだろう?

確定拠出年金 DC(Defined Contribution Plan)とは、

2001年10月1日から掛金の運用がはじめられた日本の年金制度の1つです。

加入者または、企業が掛金を指定して拠出すると、その資金を加入者が設定した

運用管理団体からの運用益を含めた総額が老後の受給額として支払われる制度。

企業型と個人型があり、iDecoは個人型で企業型確定拠出年金に入っていた人が、

転職した際に、次の会社で確定拠出年金でない確定給付企業年金であれば、

iDecoに加入する必要があります。

Advertisement

確定拠出年金と退職金の違い

退職金は企業が勤続年数をベースに会社が資金を準備するので

倒産した場合などは、受け取れない場合がある。

一方、確定拠出年金は社外積立となるので倒産しても保全されるだけでなく

転職先に資産を持ち出す事ができます。

退職金に比べてメリットが高いようにみえますが、

運用する商品を自分で選択するというところに、落とし穴があります。

確定拠出年金にメリットはないのか?

税金の優遇が受けられます。

3つの税金に対して優遇があります。

  • 掛金の全額が所得控除されるので、所得税や住民税が軽減されます。
  • 定期預金や投資信託で運用した場合、利益に20%ほどの税金がかかりますが、非課税です。
  • 受取時に一時金で受け取る場合は退職所得控除、年金で受け取る場合は公的年金等控除が受けられます。

掛金の配分変更とスイッチングは手数料がかかりません。

掛金の投資信託先の割合を変更できる配分変更と

定期預金⇔投資信託商品への預けかえ(スイッチング)ができます。

定期預金はローリスク・ローリターンですが、

状況によっては投資信託商品→定期預金にスイッチングすると

利益が確定したままで、資産が目減りすることを防ぐ事ができますね。

配分変更、スイッチングには手数料がかかりませんが、

投資信託などの商品売却にはコストが必要となるケースもあります。

確定拠出年金のデメリット

商品によって運用費が高いものもある

私が運用費を見落としていたのか、カタログにわかりにくく書かれていたのか、

自分で行っている投資信託に比べて、会社で入らされた企業のカタログから選択した

投資信託は運用費が非常に高かったです。

自分で預けるところを国内外バランスよく選択しているつもりでしたが、

割合で設定していた掛金が運用費によって元本割れとなるくらい運用費がとられていました。

途中解約の要件が厳しすぎる。

私の場合、URLはもとよりログイン、パスワードが何だったか不明で

継続していても毎年目減りしていきそうだったので、

解約しようと連絡してみたところ、要件が複数あり全ての要件を満たさないと

一時金を受け取れないことがわかりました。

  • 企業型DC、iDecoの加入者ではない
  • 個人別管理資産額が1万5千円以下
  • 企業型DCの資格喪失日の属する月の翌月から起算して6ヵ月を経過していない
  • 国民年金の保険料免除者である
  • 障害給付金の受給者ではない
  • 通算拠出期間が1ヵ月以上3年以下、または個人別管理資産が25万円以下である
  • 企業型DCまたはiDeCo(イデコ)の資格喪失日の属する月の翌月から起算して2年を経過していない
  • 企業型DCから脱退一時金の支給を受けていない

早い話が、脱退する為の要件を満たさない限り、原則として60歳まで資金を引き出せません。

転職するので、解約して一時金を得たいというのはできないのです。

転職先が確定拠出年金でない場合は?

私の場合はiDecoに加入の選択肢が一番だと判断した。

私は転職先が企業型確定拠出年金ではなく、企業型確定給付年金でした。

なので、企業型確定拠出年金を国民年金基金連合会への移管か

税金面の優遇という点と、アフィリエイトやポイントサイトでの自分での利用による

キャッシュバックも考えるとiDecoにするという選択肢しかないようです。

まだ、どのiDecoを使ったらいいのかを調べきれていないので

別記事にしていこうと思っています。

 

 

 

紹介カテゴリの最新記事