節約は古い家電から見直しが近道ですよね。

節約は古い家電から見直しが近道ですよね。

 

家にいることが多いので、電気代をかなり気にするようになりました。

電気代の節約というと、2パターンあると思っています。

普段の使い方を改善する方法と、家電を入れ替えてしまう方法。

両方ともにいえるのが、待機電力をカットもしくは減らす方法ですよね。

 

家電と節約方法

冷蔵庫

冷蔵庫でいえば、待機電源を減らす方法はあまりありません。

開けっ放しにしないとかあるものの、

長時間開けっ放しにしておくというのはあまり考えられないので

入れ替えしてしまうしかないと思います。

 

電気屋さんに行き10年前の冷蔵庫を買い替え検討しているという話をすると

月1,000円~1,500円安くなりますよという話を聞きます。

これは、カタログに記載されている年間消費電力から出しているもののようです。

 

我が家でも引っ越しを機に冷蔵庫など買ったときに、

メーカーのおじさんからコンバーターが小型化して使用する電気量が減り

その分、節約になってるんですという話を聞きました。

 

妻の実家のパターン

20年以上前の冷蔵庫を買い替えをしたところ

電気代が毎月8,000円→5,000円の削減と,3000円の節約となったようです。

これを年間でみると36000円の節約なので、

仮に10万円の冷蔵庫を購入した場合、3年で分岐点が逆転しますよね。

エアコン

これからの暑い時期に、使うたびに電源を挿して使いなさいというのは

あまりにも酷ですよね。

 

でも、スイッチを入れてすぐに使えるものというのは、

実は待機電力が、かなり大きいものが多いのです。

 

これも10年以上使っているものは、入れ替えてしまったほうが良いです。

買い替えたとしても、長期間家をあける旅行など出かける際には、電源を外しておくといいですね。

洗濯機

洗濯機能を使うだけでは、

10年前に出た製品と電気使用量はあまり変化がありません。

乾燥機付き洗濯機の場合に注意が必要。

洗濯機の場合は、こまめに洗濯するのではなくまとめて行うであったり

消費電力の低い機種への乗り換えを検討したほうが良いですね。

Advertisement
 

待機電力を減らす方法

生活の中で頑張ってやっていくしかありませんが、

こちら2パターンあります。

スイッチ付きの電源タップ

スイッチ付きの電源タップを使用していくのが効果的です。

この場合、待機電源の多くこまめにオンオフができるものを

対象としましょう。

特にパソコンやゲーム機はこの電源タップに接続しておき

使うときだけON、使わないときはOFFにすると待機電力を減らせますね。

 

普段使わない機器

特に調理場に多い機器が中心となるのですが、

オーブントースターや電子レンジなど常に使わないけれども

時々使う機器については、電源を外しておくと

いいですね。

節約カテゴリの最新記事